コンサルティング事業詳細




弊社事業として、主に、①コンサルティング事業と②ベンチマーク事業があります。
ここでは、コンサルティング事業において、提供している内容をもう少し、説明させていただきます。

【A)根本的なスタイルについて】
まず根源は、「病院の皆様と一緒に汗をかくコンサルタントであること」。
自分が考えている病院が抱える諸問題の大半は、病院職員の方々の中でも、既に、同様の認識を持たれているように思います。

それでも、その問題意識を具体的にどう改善や成果に結び付けるかの経験や(部分的はなく)総合的な知識がなかったり、もっと言えば、病院全体を動かすだけの力を内部者だけでは持ちきれないため、なかなか、問題解決に至らない病院は多いのではないでしょうか。

その状況で病院の皆様がお求めになっているのは、「抽象論による問題指摘」ではなく、もっと「ダイレクトな問題解決」であるはずです。

「設定されたゴール」に対してやるべき「道筋」と「手順」を示し、時に、病院の方々だけでは難しい院内の「説得」や、対立した意見が起こった時に中立的に判定をする「アンパイア」、もっといえば、院内だけでは思いつかない部分からのアプローチを図る「宇宙人」的な機能を担う自負を持つのが、GRです。

カッコよく書いていますが、GRが実際にやっているコンサルティングは、非常に泥臭いです。結局、奇をてらった「マジック」を求めるのではなく、データの整理・検証と共に、様々なヒアリング・報告書・発表を通じて、院内外の関係者との「コミュニケーション」を積み重ねる地味な日々だと思っています。

担当コンサルタントが、クライアントへの愛と情熱をもって依頼業務と向かい合い、病院のボトルネックを補てんすると共に、現場の皆さんと一緒に喜び、一緒に悔しがり、一緒に汗をかくそんなスタイルです。

【B)具体的なコンサルティング内容】
1.企画室運営(病院経営全般)
 病院の分析から導き出された結論を、病院メンバーと話し合いながら、現実に即した中期計画・年度計画を立て、目標管理制度と連動させながら、病院の改善文化を根付かせます。

2.コスト削減支援
 感覚だけではなく、ベンチマークや数字に基づいた手法で、医療材料・医薬品・委託契約のコスト状況を分析し、各病院の状況を鑑みながら、最終目標が到達するよう、リードしていきます。プロジェクトの特徴は、必ず病院のパートナーと共に歩むことで、体験学習の機会にもすることです。

3.SPD導入支援
 SPDを導入する病院に対し、「病院が本当に求めているものは何か」の状況を整理しながら、要件の優先順位づけをしながら、導入プロジェクトに遅れや漏れが生じていないかをマネージメントして、確実な成功に導きます。
理屈上の方策提示にとどまらず、実行支援として院内全体でSPDの方向性についての情報共有ができるよう、各部署への説明・協力要請に奔走します。ある意味、病院の羅針盤であり、接着剤のような存在でもあります。

4.DPCを用いた病院改善支援
 DPC/PDPS制度について、病院の理解が深まった反面、病院ごとで意外な部分が置き去りになっていたり、まだら模様の様相を感じます。そんな局面を意識しながら、DPCデータを用いた様々な分析によってクライアント病院がなすべき改善事項をあぶりだすと共に、病院スタッフが、医師・看護師・コメディカルと円滑なコミュニケーションをはかれるよう、データ分析やスライド作成の方法を指南したり、プレゼンテーション・ファシリテーションの指導も行いながら、院内会議にも同席したり、院内セミナーの講師役も担います。

5.手術室運営支援
 GRの手術室支援のキーワードは、やはり「改善支援」。院内で有効に活用しきれていないデータに「メッセージ」を吹き込みながら、病院が継続的に手術室の状況をモニターできる体制を作ります。そのことによって、手術室が目指している事項とその課題を明らかにしつつも、なにより、手術室スタッフの日々の頑張りによってなされている成果を「見える化」すると共に、手術室以外の人々に、手術室の貢献を明らかにすることもGRの役割と自覚しています。

6.その他特務プロジェクト
 病院それぞれ、直面している局面も抱えている課題もそれぞれであり、コンサルティング契約となれば、上記の案件に限らず、急性期病院の経営課題であれば、積極的にGRが貢献できる役割を果たします。共通して言えることは、そこでGRに求められているものは、論理力によるコンサルティングデザインと、コミュニケーション力によって院内での実行支援と考えます。コンサルティングというより、病院経営そのものの正体が実は水物であり、その局面・局面に合わせた創造性と、実際にそうした修羅場を乗り越えてきた経験が、病院にもコンサルタントにも求められていると考えます。